沿革

TLDグループの沿革は、19世紀のフランスのリヨンに始まります。絹織物のビジネスに始まり、現在では空港地上支援機材の世界的リーダーとなりました.
会社を選択してください

1897 - 1950 絹からの金属へ

TLDグループの沿革は、1897年フランスのリヨンに設立された、Mulatier et Dupontという名の絹織物工場に始まります。絹織物事業は次第に、製鉄事業へと変わっていきました。 1930年代には、その後20年以上続くCompagnie Générale d’Electricitéとの提携活動により、鉄鋼生産事業が拡大していきました。

1950 - 1998 多様化、事業拡大、地上支援機材への特化

その会社は、1951年に名称がTissmétal Lionel-Dupontと変更され、パリ証券取引所に上場されました。それにより、特に電気機械工業、自動処理システム、合成繊維、工業用フィルタリング及び航空機材の新技術市場において、多様化エンジニアリング事業に進出するようになりました。同社は1985年に金属製造事業を売却し、名称をTeleflex Lionel-Dupont (TLD)に変更しました。

同グループは既に、荷物運搬システム事業を通じて航空関連セクターに進出していましたが、1990年から1992年にかけて次のようなフランスおよびアメリカの会社を買収しつつ地上支援機材部門を立ち上げました:TRACMA, ALBRET, ERMA, DEVTEC and COCHRAN WESTERN – LANTIS。

1990年には、TRACMA社(荷物トラクターや航空機トラクター)およびALBRET社(パッセンジャーステップと洗面所と水トラック)を買収しました。これらはフランス語圏の国を中心に活動する、知名度の高いブランドでした。 1991年、TLD社は主に輸出用の統括的な製品群(ベルトローダートランスポーター、ケータリングトラック)を持つERMA社を買収しました。この買収により、TLD社はGSE市場における欧州有数の会社になりましたが、アメリカやアジア市場には進出しておりませんでした。

これらの市場に進出するため、TLD社は1991年、DEVTEC Corp(アメリカ)社とその2つの子会社、Accessory, Controls and Equipment (ACE)および DEVTEC Co (香港)を買収しました。1992年、貨物ローダーを専門に製造するカリフォルニア州の会社、Lantis Corporationがグループ傘下に入りました。

これらの買収により、TLD社はGSE製品を包括的な形で提供できるようになり、その国際取引•サービスネットワークの構築により、急速に空港地上支援機材の世界的なリーディングサプライヤーとなりました。その後、これらの吸収合併された各企業の歴史、文化、人員を考慮に入れ、経営統合が始まりました。この統合は数年間続きました。

すべての分野で新しい技術を取り入れたTLD社 - グローバル化の課題に直面した中堅企業 – は、インターネットベースの情報システムの利用を開始しました。早くも1994年にはより良いエンジニアリングリソースの伝達・共有のため、インターネットを活用しました。 1996年には、TLDのスタッフたちは1つのチームとして共に活動する準備が整いました。

1992年から1998年の間に、GSE部門の構築と並行し、Teleflex Lionel-Dupont社は産業フィルタリング、荷物取り扱いシステムおよび航空機材部門を売却し、航空地上支援機材への特化に移行しました。

1998 - 現在 地上支援機材における強力なリーダーへと進化

2002年、GSE社(Tracma、Albret、Erma、DevtecとCochran Western-Lantis)の歴史あるブランド名の使用を止め、1つのユニークなブランド名、TLDに改めました。

2002年、TLD社はローダーの生産をカリフォルニアからカナダのシャーブルック工場に、パッセンジャーステップ製品群の生産をモンペリエからフランスのサン•リンに、それぞれ移転しました。

2006年、TLD社の保有構成は上場企業から個人所有の企業へと変わり、AXA Private Equity社とTLD社が特別に設立した会社、ALVEST社により買収されました。 2008年、GSE交換部品の主要なプロバイダであるSAGE PARTS社もまた、ALVESTグループに参入しました。 2013年、グループ経営陣およびLBOフランスはさらに、AXA Private EquityからALVESTを買収し、グループとその進むべき方向性が更に強化されました。

弊社グループは早くも1997年、上海市に中国で最初の工場を設立しました。2008年には、無錫市に中国第二の工場が設立され、その工場はその後2012年により大きな新工場へと移転されました。

地上支援機材におけるTLD社の技術的な専門知識は、数多くの大規模エンジニアリングプロジェクトに関わっています。90年代にエアバスベルーガへの積載用大型貨物ローダーを設計した後、TLDは近年ボーイング社向けの大型貨物ローダおよびトランスポーターの設計•製造元に選ばれており、ボーイング787ドリームライナーや、ボーイング747を改造した特別貨物機用の機材を提供し続けております。

2009年、TLD社は、野心的なTaxiBotプログラムにとりかかり、エンジニアリングと製造における提携を開始しました。

事業拡大は更に続き、2014年にTLD社はTaxiBotプログラム用の新工場を設立し、TLDウィンザー工場の面積は、GSEのビジネスおよび軍事エンジニアリングプログラムの拡大に対応するべく、更に5万平方メートル拡張されます。

現在のTLD社はグローバル企業であり、そのことは大規模な国際事業、流通•サービス、そして業績や非常に広範囲かつ多岐にわたる顧客ベースによっても証明されています。弊社グループは毎年、カスタマーサポートを強化しており、そのネットワークは、カスタマーサポートに特化した販売サービス・オフィスを30以上持つ、GSE業界で最も広範なものです。


TLD © 2019 All rights reserved