Ace

会社を選択してください

ACE社の沿革

TLD ACE社は1953年、Accessory Controls & Equipment Corporation社という名で設立された、航空業界用のユニークな試験設備の製造会社です。ジェット旅客機の導入により、ACEの製品ラインには1950年代半ば、航空機地上支援機材(空気貯蓄やボトルジェットスターター)およびガスタービン発電所を持つ電力会社用支援機が加わりました。 1950年代後半、ACE社は発射台用にカスタム設計された環境制御システムを生み出し、宇宙時代の到来に貢献しました。

1960年代、製品ラインののさらなる発展を通じて企業は更に発展し、軍事関連機材や環境コントロール関連製品の製造も始めました。

1970年代にはすべての製品ラインが増強され、これらの製品の市場は本質的にグローバルとなりました。 ACEの環境コントロールシステムは更なる発展を遂げ、他社の追随を許さぬものへと確立されました。

1980年、TLD ACE社は地上支援業界で初めてとなる、スクリュー圧縮機を開発しました。 1983年、最初のACE連続流ジェットスターターおよびAERZENコンプレッサが開発・製造されました。1980年代初頭には、TLD ACE社は世界最大の雌ロータ•ドライブ用スクリュー圧縮機の開発に尽力しました。 1989年、TLD ACE社はNORDCOの資産を買収し、それによりACE社の取り扱い製品の範囲も広がりました。

1990年、TLD ACE社は、オゾンセーフ冷媒R-134aを使用する初の地上支援環境制御システムを開発しました。 1990年、TLD ACE社はGPUラインを開発しました。1991年、ACE社はTLDグループに買収され、その後のTLD ACE社はTLDネットワークの支援を受けつつ、商用製品ラインの開発と販売を展開していきました。


TLD © 2019 All rights reserved