TRACMA

会社を選択してください

TRACMA社の沿革

TRACMA社は、フランス•パリの郊外で、1953年に設立されました。当時のヨーロッパは、商用ジェット機導入の初期段階にあり、各航空会社はグランドパワーユニットや台車、貨物トレーラー牽引のため、農業用トラクターに変わる専用のトラクターを必要としていました。

1960年、TRACMA社はロワール渓谷沿いのトゥール近郊の町、モントルー・シュルロワールに移転され、その時建設された新工場は、現在TLD社が所有しています。

TRACMA社は創立以来、20,000台以上のトラクターを生産し、世界100カ国以上に輸出してきました。TRACMAは、フランス語圏のほとんどの国で、貨物トラクターの代名詞となっています。

80年代、TRACMA社とエールフランスは、航空機用として初となるトーバーレストラクターの開発を開始しました。80年代後半、TRACMA社の株主は、新製品への投資開発を中止させたため、同社の事業は縮小へと向かっていきました。

TRACMA社は1990年にTLD社によって買収され、その傘下でトラクター全般、貨物トラクター(ディーゼル、ガス、電動)、従来型航空機トラクター、そして第二世代トーバーレス航空機トラクターの再開発を始めました。

現在のTRACMA社 (現在はTLD MONTLOUIS工場 )は、世界各国の空機トラクター技術に関する市場をリードする会社となっています。


TLD © 2020 All rights reserved