10 11月 2014

イスラエル・エアロスペース・インダストリーズ(IAI)とTLD グループは、エアフランスと、パリのシャルルドゴール空港(CDG)において同社のワイドボディ(WB)機体にタクシボット(TaxiBot)システムの評価を行うことで覚書(MOU)を締結しました。

2014年10月15日、イスラエル・エアロスペース・インダストリーズ(IAI)とTLD グループは、エアフランスと、パリのシャルルドゴール空港(CDG)において同社のワイドボディ(WB)機体にタクシボット(TaxiBot)システムの評価を行うことで覚書(MOU)を締結しました。

 

IAI, TLD 及びエアフランスは、エアフランスのWB機へのTaxiBotの操作及び経済的利点を検討するためジョイントタスクフォースを組成します。システムのCDGでのタクシーイングの流れへの影響を調査するとともに、CO2やNOx排出の大幅低減や騒音低下と云ったTaxiBotの環境面での利点についてもスタディします。このMOUは、2015年第2四半期にパリ空港との協力関係に発展するかもしれません。

 

MOUは、CDGでのエアバスチームとフランス航空局の専門家による初期スタディが成功した後に調印されたものです。シミュレーションでは、TaxiBotはCDGで16機のナローボディ(NB)機と7機のWD機を最適にオペレートできると示しています。

 

TaxiBotは、セミロボット的かつ、飛行機のパイロットがコントロールする車両で、航空機を空港ゲートから滑走路まで運び、戻ってくるように設計されており、フランクフルト国際空港で証明試験を完了しました。このテストはルフトハンザのB737を公式なEASAとCAAIに従い実施したものです。

 

WB用TaxiBotは、2014年9月にフランスのソリニーでTaxiBot製造用に落成したTLDの新工場でダイナミックテストを始めました。WD用TaxiBotはツインアイル航空機;A330, A340, A350, A380, B747, B767, B777, B787 に適しています。WB用TaxiBotの証明試験は2015年の第3四半期に予定されており、同年末までに最初のWBのSTC取得を目指しています。

 

TaxiBotは、NB或いはWBに使用でき、航空機システムへの変更は要求されませんので、航空機重量を増加させたり或いはカーゴスペースを減少させたりすることはありません。

TaxiBotは、飛行距離にかかわらず、航空機燃料の顕著な減少を達成します。



TLD © 2019 All rights reserved