23 5月 2017

B-737で認証済みのTaxiBotは、全てのA320ファミリー機についても認承を得ました。

今月、Taxibotは全てのA320ファミリー機での商業使用について認証を得ました。この認証はEASAとFAAにて認可されている認証で、Airbusのリクエストとサポートによって得られたものです。

これは昨年12月にToulouseにて IAIとAirbus協同にて行われた試験結果とも言えます。この試験では、テストパイロットとLufthansaのパイロットにて民間航空機をTaxibot有り無しの両方にてタキシングを行い、大変共通した点が確認され、とても良い反響を得ていました。A320ファミリー機についても認可されたこの認証の主な特徴の1つとしては、Taxibotのおかげでタキシング中のトータル時間を削減し、タキシング中の航空機エンジンのスタートアップをカバーする点です。

今回のA320認証は、2014年10月にLufthansaとLEOSの協力によって行われたフランクフルト空港での集中的な試験の後に認証されたB737の認証を補完するものです。2015年から2016年にかけてLufthansaとLEOSにより 「in-service validation」が行われ、この期間フランクフルト空港でB-737を500回以上のタキシングするミッションが実施されました。

B-737とA320ファミリー機両方の認証を得たことによって、Taxibotが狭胴機についての一通りの開発と認証を完了したと言えます。それと同時に今後は、Taxibotのさらなる民間航空機オペレーションについて、新たなフェーズが始まります。

Taxibotはパイロットによって操縦を行う牽引車で、ジェットエンジンを使用することなく航空機をけん引するために航空機の燃料やエミッションを削減します。

またTaxibotはIAIとTLDの協同開発のたまもので、電動ドライブラインについてはSiemensの支援を得ています。今日ではTaxibotのみが認証されている環境にやさしいタキシングソリューションです。



TLD © 2020 All rights reserved