06 3月 2017

LSP-900-V-e

低エミッション:完全電動性能、排出ガスゼロ

 

騒音レベル:電気駆動により騒音レベルを軽減

 

安全性:最適なキャビンポジションとフロントアプローチにより、航空機へのダメージ防止

 

キャパシティー:900ガロン

 

効率性:バキュームシステムによる作業者の効率的かつスピーディーな作業 を実現

 

経済性:燃料ゼロ、メンテナンス作業を削減(主に潤滑油やフィルター交換) 自走式TLDシャシーがお客様のTCOを低減

 

TLDのラバトリー車と給水車はグローバル市場において、10年以上の実績があります。排ガス減少とよりクリーンなエネルギーを使用してゆく努力の一貫として、TLDは完全電動式バキューム装置搭載のラバトリー車を開発しました。

2015年にプロジェクトをスタートし、2016年には航空機周辺での作業安全性を向上させた革新的なフロントデッキと、経済的な自走式TLDシャシーを特徴とした最初の試作車両を完成しました。

 

LSP-900-V-eを弊社ラインナップに追加し、その素晴らしい特徴を以下にご紹介します。

・航空機へのフロントアプローチにより航空機への接触リスクを大幅に軽減し、ワンマンオペレーションを可能にします。

・全ての旅客機への対応を可能にしたフロントデッキは、5メートル

(16.4’)まで上昇が可能です。

・大変コンパクトな設計仕様により、20GPコンテナーでの輸送が可能です。

900ガロン(3,400L)のトータルタンクキャパシティーを誇ります。 (600ガロン汚水タンク+300ガロン洗浄用タンク)

これにより、A380(554ガロン)は1機、747-8(300ガロン)は2機、A330(184.92ガロン)は3機、A320(30.91ガロン)はほぼ20機もしくはB737(17ガロン)は35機が対応可能です。

完全電動パワートレインによるLSP-900V-eは排出ガスが全くなく、騒音や有害ガスによる環境への影響をミニマイズしています。また、お客様でのメンテナンス作業も大幅に軽減しています。

更に(600Ahの)高容量鉛酸バッテリーやリチウムバッテリーは、1回のチャージでタンクが満タンの状態で75kmまでの走行が可能です。オペレーション時のエンジンノイズが全くないこのユニットは、電動モーターやトランスミッション作動時にもバイブレーションを一切感じることなく、大変スムーズなアクセレレーションを達成し、オペレーターの快適性を改善しています。



TLD © 2019 All rights reserved