10 11月 2014

TaxiBot 歴史を作る:TaxiBot 、B737離陸時牽引用に欧州航空 安全局(EASA)の公式証明を取得

20141022、  B737は、欧州航空安全局(EASA)及びイスラエル航空局(CAAI)によりTaxiBotを使っての離陸時牽引の公式証明を取得しました。

B737に関し Supplement Type Certificate (STC) がボーイング社から発行されました。

 

TaxiBotは、航空機のエンジンを使用することなく、飛行機のパイロットがコクピットからコントロールするロボット的な車両で、航空機を空港ゲートから滑走路まで運び、航空機を離脱後は戻ってくるように設計されています。TaxiBotの運用評価は、フランクフルト空港から出発するルフトハンザのB737レギュラーフライトを使って数週間以内に始まる予定です。

 

2009年以来TLDとIAIは、ルフトハンザLEOSとの協力のもと、エアバス及びボーイング両社の支援を得てTaxiBotの開発を続けてきました。ルフトハンザLEOSはまた、このプロジェクトを、環境持続可能性につき今日の限界を超えた航空機牽引や空港内地上交通の継続に焦点を当てている”E-PORT-AN” イニシアチブに組み入れました。

 

世界中の主要なエアライン、グランドハンドリング会社、空港、リース会社がTaxiBotに相当な関心を寄せています。いくつかのワーキンググループは、北米、欧州、アジアの主要ハブ空港にTaxiBotを導入することにつき積極的に検討或いは準備を行っています。

 

近々、エアバスのNTO承認が、フランクフルトでのTaxiBotの運用試験に対し発行され、A320の離陸時にTaxiBotを使用することを認める予定です。B737とA320ファミリーは、世界中の主要エアラインが運行する航空機の70%以上を構成しています。

従い、今後10年間だけでも数百台の航空機牽引車の潜在市場が予測されます。エアラインは2年以内に投資の回収が出来ます。何社かの潜在的なお客さまとは交渉が進捗しています。

 

TLDの社長兼CEOのジョンマリ・フルコニ氏は、「TaxiBotプログラムにとってボーイング737 STC証明は重要なステップです。その証明は、航空業界に対し、デスパッチ・トーイング・テクノロジーの可能性とエアラインにとり何百万ドルもの節約の可能性を提供するものです」と発言しました。

 

IAI社長兼CEOのジョセフ・ウェイス氏は、「EASAの証明はTaxiBotプログラムにとって大きな一里塚です。この革新的なシステムは、民間航空業界で環境に優しい大変革を引き起こし、世界中のエアライン、グランドハンドリング会社、空港に数百万ドルの節約をもたらすでしょう。我々はこの成就を名誉に思っています。」

 

ルフトハンザLEOSはこのプロジェクトの開始以来TaxiBotプロジェクトを支援しています。「我々は、フランクフルト空港で毎日運航しているルフトハンザのB737で計算した燃費節約を立証することを期待しています。」とルフトハンザLEOSでTaxiBotプログラム担当役員のゲルハルド・バウムガルテン氏は述べています。

 



TLD © 2020 All rights reserved