03 4月 2018

TLDの最新ベルトローダー:RBL

RBL(Regional Belt Loader)は、フランスのSaint Lin工場でTLDが開発した最新の製品です。この革新的なベルトローダーは、A320シリーズやB737までのリージョナル機や狭くて混雑している空港に特に向いているベルトローダーです。またRBLは自走式かつワンマンオペレーションで、安全に航空機への接近を扱い易いベルトローダーです。

またRBLはコンパクトなユニットで、 6mのブームは混雑した空港ランプ内では有利であると同時に最低高の航空機ドアにもフィットし、リージョナル航空機には適切なサイズです。
さらに(80Vのバッテリー駆動)電動機でもあるRBLはECOなユニットで、排出ガスや騒音、振動を排除するグリーンな設計となっており、バッテリー充電は1日1回のシングルチャージにて1日フル稼働が可能となっています。

また、ドライバーが立ったままでティラーヘッドを操作するため牽引式のものに比べ作業効率が上がります。高い信頼性と低い保守費用を目指して設計しており、最新の技術と特徴を備え、すべての構成部品の位置やアクセスし易さを考えて設計されており、保守整備の時間を最小限に抑えることができます。

シンプルで信頼性が高く、容易なメンテナンス性はTLD DNAの設計基準を満たしているため、TCOを最小限に抑えた大変競争力のあるユニットです。

ベルトローダーの生産における世界的リーダーであるTLDは、既存のNBL製品ラインナップに実績のあるコンポーネントと既存の生産効率を利用して、このRBLをリージョナルエアクラフト用機材として大変最適かつ費用効果の高い機材として、新しく製品をご提供いたします。

2017年10月のミュンヘンでの発表以来、RBLの生産が増加しており、現在ヨーロッパや北米で稼働し、引き続き生産を行っていきます。



TLD © 2019 All rights reserved