27 4月 2017

TLDの革新的なRegen loader

初代TXL-838-reGen loaderを製造して8年が経ち、バッテリー稼働のTLDの7ton電気ハイリフトローダー(TXL-838-reGen)は、お客様からのご要望と革新的なコンセプトのおかげで性能と自立性において市場をけん引するローダーとなっています。

TXL-838-reGenプロジェクトの当初の目標は、ゲート間の移動はもとより、ディーゼルと同じパワーとスピードで日中に250コンテナまでのハンドリングをパワー切れを生じることなくヘビーオペレーションを続けるということでした。

現在、世界で活躍するこのreGen loaderは、あらゆるシチュエーションや環境下において素晴らしい性能を発揮し、TLDのテクノロジーを利用している世界中のお客様はTLDが当初の目標を達成したことを確認しています。

又、TXL-838-reGenは、エンジンとしてディーゼルの代わりにバッテリーを搭載しただけのローダーではありません。システム全体でパワーロスを削減するよう設計されており、TLDのエンジニアはバッテリーテクノロジーについて慎重に検討を行い、バッテリー機能とバッテリー寿命の要素についても研究をしてきました。

reGenシステムは、電流の流れや、とりわけエレベーターが上昇する際に不可避であるピーク電流をモニターします。実際、次のバッテリーチャージまでの間のバッテリー容量を限定し、またバッテリーが劣化により交換を余儀なくされるまでの期間を決定するのはこのピーク電流です。このTLDがパテントを取得したエネルギーフローシステムはまた、スーパーキャパシターを特徴としています。それは、リアプラットフォームが降下したとき及びローダーにブレーキがかけられた際に、他の電気ローダーがエネルギーを使用するのとは異なり、reGenシステムは再生用のエネルギーを発生するというものです。

またTXL-838-reGenは、単一のバッテリーチャージ以上の最大限の効果を発揮すべく、電気駆動や簡素化された油圧システムにも特徴があります。

TLD TXL-838-reGenは、ディーゼルローダーに代わるEcoで効率的なユニットであり、オペレーションパフォーマンスを低下させることなく、メンテナンスコストやお客様のTCOにコミットする魅力的な電気ハイリフトローダーです。



TLD © 2019 All rights reserved