17 6月 2015

TLD PFA-50、バヌアツでサイクロン「パム」災害の救済支援

2015年3月13日にバヌアツを襲ったサイクロン「パム」は島々のインフラを破壊し、死者20名、被害者13万2千人という壊滅的な損害を与えました。

その2日後、豪州の空軍は首都ポートヴィラに衛生用品、毛布、マット、シェルターキット、防虫ネット、飲料水保存用バケツや飲料水浄化タブレットを空輸しました。

また豪州空軍は救済支援のため、航空輸送可能なエアカーゴローダーである TLDのPFA-50を2台配備しました。PFA-50は、様々なパレットやコンテナ、及びバルクカーゴ或いは車両を22.7トンまで搬送できます。それは、軍や人道支援に不可欠な航空機への積込みを支援するものですが、今回については、ニューカレドニア空軍、フレンチポリネシアや豪州空軍、及び貢献国からの民間輸送機への支援に当たりました。

TLDは既に世界各国に70台以上のPFA-50を販売しており、更には豪州空軍の全てのエアカーゴローダーの代替をしようとしています。

現在、南スーダンのジュバでもPFA-50は、食料や医薬品を航空機から降ろすために「ワールド・フード・プログラム」により使用されています。

TLDは、当社の機材がバヌアツのような自然災害による悲惨な結果から復興するために役立っていることを光栄に思い、また今後もPFA-50が素晴らしい福祉のためのお役に立ち続けることを望んでいます!



TLD © 2020 All rights reserved