MBL-30

軍用
MBL_30_1

MBL-30は主に、軍用機のローディングオペレーションの際にハンドリングを行う自走式のユニットです。例えば武器や銃弾、ロケットや支柱、燃料タンクなどを搬送し、ユニットは小型の高性能6輪wheelをベースに、大型の頑丈なフレームから成る低自走式ユニットです。貨物がフルロードの際、フロントトラックとの配置やwheelbaseを変更するために、ユニークで調整可能な「all wheel steering」システムを装備しています。またrear axleについても、グランドとのclearanceをより大きく調整できる「stability」警報システムを特徴としています。
MBL-30は主に2つの特徴的なコンポーネントから構成されています。3つのアクスルによって軍用機の武器庫にアクセスを行うブームのリフトブームメカニズムと、操作可能なヘッド部分です。
操作可能なヘッドはアッパーリフトブームの先に備えられており、制限のある場所へのアプローチやオペレーターが縦横・斜め等の方向へ操作を行いたい際に動作を可能にします。MBL-30は、C-27JやC-295、中型のC130や大型の軍用機(A400M、C-17やIL-72)などに自走で搭載可能です。
MBL-30は実際の 戦闘場面で証明されており、迅速な展開と厳しいフィールド状況下での運用のためにデザインされた頑丈な武器ローダーです。


Other products
製品リストに戻る

TLD © 2019 All rights reserved